フォト
無料ブログはココログ

« タイムマシンを手に入れた | トップページ | ダイエット成功! »

2012年9月20日 (木)

二区間定期券

遠距離通勤になって約1ヶ月。まだ体は慣れません。

しかし先日知人からの紹介で、初めて遠距離通勤でよかった、と実感したことがありました。それが標題の「二区間定期券」です。

パッと聞くと肉感定期券と聞こえるので、なんか怪しげな風俗に通い詰めているのか、と誤解されることもあるかもしれませんが、そういう事ではありませんので、予めご承知おきください。

さて、通勤定期券ですが、かなり昔から分割購入というのは有名でした。詳しくはこちらのように色々なサイトで紹介されていますが、JRの料金設定の関係である区間で区切って分割して購入することでトータルの金額が下げられるというものです。

例えば藤沢に住んでいる人が品川まで通うとき、普通に6ヶ月の定期券を購入すると、105,840円かかります。それを、品川-鶴見、鶴見-東戸塚、東戸塚-藤沢 という風に3枚の定期に分割すると、トータルで93,740円と、12,100円もお得になってしまうという現象です。

詳しい仕組みは前述のサイトを見ていただければわかるかと思いますが、じゃあ具体的にどうやって調べればいいのよ、というと、このようなサイトがあります。

しかし、この方法も今は昔という感じがします。というのも、Suicaだとこのような分割定期券は購入できないんですね。昔ながらの磁気定期券を、それも複数持って使い分ける必要があります。まあ、1万円のためなら別にそんなことは苦ではないと思うかもしれませんが、実際問題Suica専用の改札も増えている今日この頃、乗り越し精算の処理なども結構おっくうに感じます。

そんなSuica派のあなたに朗報です。Suicaで対応しているのが、標記の二区間定期券になります。これは具体的にどういうことかというと、Suicaに2枚の定期券の情報を持つことができます。

だったら分割定期を2枚入れればいいじゃん、とお思いの方もいるかもしれませんが、制約事項として連続した区間を分割することはできないそうです(Icocaはできるようですが)。

しかし、異なる2つの区間であれば買えます。これだけだとピンとこない方もいるかもしれませんが、先の藤沢-品川の例だと、藤沢-横浜、横浜-品川 だと連続した区間になるのでNGです。しかし、横浜から京浜東北で一駅、桜木町に入るとどうでしょう? 藤沢-桜木町(横浜経由)、横浜-品川 と連続した区間にならないわけです。つまり、これなら1枚のSuicaに入ってしまうのです!

さらにこのくらいの距離になると横浜も桜木町も料金的には変わらないので、分割して値段が安くなる上に、更に使える駅が増える、というメリットもあります。

いや~、すごいですね。便利ですね。

ちなみに具体的な購入方法はみどりの窓口で、普通に上記の2枚の申請書を書いてSuica定期券と言えばいいそうです。不慣れな駅員だと戸惑う事も多いようですが、確実に購入できるはずですのでがんばりましょう。

さてさて、ここで更に疑問が。携帯に入ったモバイルSuicaでは使えないのか?

使えるんですね、これが。

普通のメニューでは購入できないのですが、こちらを見ると、こんな風に書いてあります。

通学定期券、「定期券利用区間」と「グリーン車利用区間」が異なるグリーン定期券、二区間にわたる定期券、新幹線定期券(FREX・FREXパル)の区間変更は、携帯情報端末から操作できません。希望する場合は、モバイルSuicaコールセンターへお電話で申し込みください。

というわけで早速コールセンターに。なんと、年中無休で4:00-翌2:00と、ほぼ24時間営業。すばらしいですねぇ。電話したら、みどりの窓口にも行く必要もなくスムースに申込みできました。

その後探してみたらこんなサイトがありましたので、詳しい手続きはこちらにお任せするとして、JRで遠距離通勤をされている皆様にとって少しでもお役に立てればと思い、記しました。お役立てください。

« タイムマシンを手に入れた | トップページ | ダイエット成功! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

<a href=https://megaremont.pro/kazan-elektromontazhnye-raboty>электромонтажные работы Казань</a>

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二区間定期券:

« タイムマシンを手に入れた | トップページ | ダイエット成功! »